孕みのツボ②〜子宝鍼灸〜

妊娠に大事なことは、前回綴った体を温めること。

 

そしてもひとつ、脱眼精疲労です‼️

 

眼精疲労は、妊娠前・妊娠中・出産・出産後のトラブルに関わってくる脱すべき症状です。

 

 

東洋医学では、目を使うことは『血』を消耗すること

つまり、体の冷えに直結します。

 

 

 

妊娠前だと、生理痛・生理不順・生理前症候群・不妊症など。

 

妊娠中だと、悪阻・貧血・逆子など。

 

出産だと、微弱陣痛など。

 

出産後だと、産後うつ、抜け毛、二人目不妊など。

 

 

色んな原因がありますが、眼精疲労は高確率で関わってきます。

 

 

①目の周囲の指圧。

 

 

押して気持ちいいところ、押されたいところでOK!

 

 

②目を閉じて目を休める。
パソコン・スマホ作業中にぜひ。
これだけのことですが、かなり違いますよ!

 

 

③目もとを温める。

 

蒸しタオル、巾着小豆などで温めましょう。

小豆のチカラも販売されていますね。

 

 

 

パソコンやスマホの現代、コロナ禍で進んだリモートワーク。

目を使ってばかりだと思います。

目をいたわることは『血』の温存、冷え予防になるので、ぜひやってみてくださいね✨

 

 

では、また🐈✨

 

🍀恵子鍼灸あん摩院🍀

城南区田島・茶山地区の閑静な住宅街で鍼灸あん摩院してます。
女性疾患・妊活・不妊治療・本来の体を取り戻すをメインに、各種痛みの鍼灸治療を行なっています。

『目の前にいる人を大事に、一生懸命手当てをする』と『続けさせない』を大切に、鍼灸あん摩をしています(*^^*)

 

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

Back To Top