もぐさ、作りました❣️ ヨモギ部活動報告

 

『3月、4月のヨモギはお茶に適し、5月のヨモギはもぐさに適する。』

 

 

ということで、五月に摘んでおいたヨモギをもぐさにしてみました😊

 

今回のヨモギ部活動は、ちびっこと二人で行いました(*^^*)

 

ヨモギからもぐさへ… 加工ステップ

摘んだヨモギはしっかり乾燥させましょう。

<すり鉢バージョン>
①すり鉢で擦る
②ざるや茶漉しに入れて、振るう
③擦る、濾すを繰り返す

 

<ジューサーバージョン>
①ジューサーに乾燥ヨモギを入れてスイッチON!
②ざるや茶漉しに入れて、振るう

 

もぐさ作り写真解説

 

簡単なもぐさ作りですが、一応写真付きで解説(*^^*)

 

①すり鉢ですりましょう or ジューサーにかけましょう

 

 

 

 

使ったジューサーも紹介↓

 

 

 

 

 

お茶っ葉作りで超活躍してくれる、私の相棒♪

 

 

 

②茶漉しでふりふり、振るいました!

 

量が少なかったので茶漉しを使用。

 

 

ヨモギ部最年少の4歳でも、お茶の子さいさい♪

 

 

③擦る、濾すを行った結果です。

 

3回繰り返してこの結果です。

 

 

しっかりもぐさです‼︎

 

比較してみた。

 

すり鉢もぐさとジューサーもぐさの比較写真。

 

 

ジューサーの方がフワッと感があります。

 

 

市販のものと比較。

 

 

下2つが今回作成したもぐさ達。

 

 

作成したもぐさは不純物が多い『粗もぐさ』と呼ばれるもので、スライス生姜やお塩の上に乗せて火をつけるタイプのものです↓

 

 

 

不純物を究極に取り除いたものが『高級もぐさ』です。
直接皮膚の上に置いて、養生灸やイボ・魚の目・虫さされ時に使います。

 

 

おまけ

 

私のうっかりで、3月のお茶っ葉ヨモギをもぐさにしてしまったことがあります↓

 

 

写真でもわかるように、
3月ヨモギは、不純物がなく、香りも良く、黄緑色でふわふわっとしていました。

 

こんだけフワフワしているから、3月ヨモギは飲んでも食べても美味しいはずです♪

 

 

ヨモギ部で話していたのは、
3月ヨモギは、赤ん坊のようなフワフワもっちりしたイメージ。
5月ヨモギは、少年のような活き活きしたイメージ。
8月ヨモギは、青年ような逞ましいイメージ。

 

そんなヨモギちゃん、成長過程で加工も変わってくるわけですね。

 

 

以上、ヨモギ部 部活動報告〜もぐさ作り〜でした✨

 

 

では、また🐈✨

 

🍀恵子鍼灸あん摩院🍀

城南区田島・茶山地区の閑静な住宅街で鍼灸あん摩院してます。
女性疾患・妊活・不妊治療・本来の体を取り戻すをメインに、各種痛みの鍼灸治療を行なっています。
『目の前にいる人を大事に、一生懸命手当てをする』と『続けさせない』を大切に、鍼灸あん摩をしています(*^^*)

 

 

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

Back To Top