鍼は痛いのかな、と思っている人へ

インフルエンザのワクチンを打ってきました!

 

注射、怖かったです( ;  ; )!

鍼師だから、余計に注射が怖いんですよね💦

 

なぜならば、注射針が太いから。

『何番鍼を使ってるのかな〜💦怖いよ〜』と目を閉じてプルプルしてます(^^;;

 

『番鍼(番針)』というのは鍼の太さのことです。

0番鍼=0.1㎜

02番鍼=0.12㎜

01番鍼=0.14㎜

1番鍼=0.16㎜

2番鍼=0.18㎜

と0.02㎜ずつ太くなっていきます。

 

鍼師が使う番手は0〜2番が多く、当院もそうです。

 

太さを他のものと比較すると、

髪の毛=平均0,08㎜(剛毛の方で0.15㎜)

注射器=細い部類で0,3㎜

※自己注射をする方の負担を考え開発されたナノパスニードルは世界最細0,18㎜だそうです!これなら痛くないですね!

シャープペンシルの芯=0,5㎜

 

つまり、鍼師が使う鍼はとてもとても細いということ✨

↑当院は0.14㎜の01番鍼が活躍しています✨赤いのは0.16㎜で、使い分けをしています。

 

初めて鍼を受けられる方には鍼をお見せしていますが、細い鍼ほどしなっしなしています(*^^*)

びっくりされる方が多く、きっとそれは縫い針だったり注射針を想像しているからかな。それを体に打つのは、怖いですね💦

 

私は、しなっしなの細い鍼に慣れているので、注射というのが怖くなってしまうのです。

日本人は痛みに敏感で、鍼に付いている筒は日本人考案で、刺す時の痛みの軽減になります。

江戸時代の杉山和一さんが考案したそうです。
←これテストにでるやつです!

↑杉山和一さん。鍼術で唯一神社に祀られているそです。ご挨拶に行かなきゃ!

 

そんな細い鍼でもチクっとすることはあります。

それは鍼を刺す部位のほぐしが足りなかったり、打つ時の手の位置だったり、毛穴に入ったりします。
基本的に痛くないので、初めての方かびっくりされます(*^^*)

 

それでも鍼が怖い方は、刺さないやり方で対応していきます✨

鍼先を当てるだけでも効果はあって、最近では筋肉痛でその処置をしました。

↑刺さない鍼たち。猫ちゃんは子ども用ですが、結構使えます✨

色んな太さがあって、色んな刺し方があって、鍼師との相性もあります(*^^*)

 

一番伝えたいことは、鍼はすっごく細くて痛くないんだよってことです✨刺さないやり方もありますよ、も伝えたいです(*^^*)

 

鍼が痛いのでは?と心配している方に、今日はブログしてみました✨

 

 

 

 

 

 

 

 

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

Back To Top