理美容師さんのために⁈ 襟足のイボ取ります。

前回、魚の目のお話をブログしました。

今回はイボのお話をします(*^^*)
イボは魚の目と同じくお灸で取ることができます。

↑イボ取りグッズ達です✨
魚の目グッズより2アイテム追加です。

 

①イボをつまむためのピンセット

②つまんだイボを縛るための糸

③縛ったイボの上に乗せるもぐさ

④もぐさに火をつけるためのお線香

⑤もぐさがうまく乗らない時に、もぐさの底辺につけるリップ

⑥ライター

⑦イボ取りバサミ。焼却したイボをこまめに除去していきます。

 

グッズは沢山あるけどやることはシンプル。

イボを縛ってもぐさで焼ききる‼️

 

焼き切ったらもう出てきません。
痛いのはイボを縛る時のみ、熱感は縛っているので感じません。

 

今回の例は50代男性。

『襟足のイボが美容室に行くたびに気なって…。』と
イボ取りを希望。

↑2018年3月29日。貫禄のあるイボが存在しています。

イボといえども、半世紀近く人生を共にしてきたイボです。
本当に除去していいのか確認をします。

 

イボを縛って(痛いのはここだけ)、
もぐさを置いて施灸していきます。

↑見た目は痛そう、熱そうですが、本人は全く痛みを感じていません。

もぐさを置いて施灸

イボ取りバサミでカット

モグサを置いて施灸

の繰り返し。
平坦になると終了。
そのまま日常生活してください。

 

そして、久しぶりに確認すると…‼️

↑2019年12月3日。

ない‼︎綺麗さっぱり✨
イボは綺麗になくなっています(*^^*)

この男性は『美容師さんはヘアカットしやすくなったのでは⁈』と意気込んで美容室に行ったらしいですが、イボのことは指摘されなかったそうです😅
美容師さんはきっと気付いてるし、カットしやすくなっているはずです‼️

 

私の初めてのイボ取り患者は祖父でした。
祖父は顎に尖った大きなイボができていたので、もぐさで除去。
髭剃りがしやすくなったと喜んでくれたのを覚えています(*^^*)

 

イボは襟足、顔面部の他にいたるところに出てきます。
頻発部位としては首です。

小さいイボは縛るのに少し苦労しますが、
縛ってしまえばこっちのもの、袋の中のネズミです✨

形状によりますが、1イボ500円〜除去を行なっています✨

イボが気になる方は一度お見せください(*^^*)

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

Back To Top